脇の黒ずみって皮膚科で治療できますか?

脇に黒ずみがあると、かわいいノースリーブがあっても着れない、海やプールに誘われても、水着が着れない、夏は服選びに困る、好きな人の前で自信が持てない、など悩みが尽きません。自己処理を長年繰り返した結果、肌へ負担をかけ続ける事により、色素沈着が起こりダメージを受けた肌が黒ずんでします。一度色素沈着してしまった黒ずみは、なかなか取れないのが悩みです。

早くきれいに脇の黒ずみを治療するには

脇の黒ずみをきれいにするには、美容クリニックやクリニック系の皮膚科で、治療してもらうのが1番きれいに取れます。町の皮膚科いわゆる個人が経営しているような皮膚科の場合は、脇の黒ずみの対処をしてくれるところはほとんどないようです。個人経営の皮膚科では脇の黒ずみを治療するための機械の導入や維持が難しいというのが現状のようです。クリニックと呼ばれるような大きな皮膚科、あるいは、美容クリニックで相談しましょう。主な治療法は、ケミカルピーリングとレーザーピーリングがあります。ケミカルピーリングとは、酸性の薬剤を脇に塗布し、表面をやわらかくし、古い角質をはがして、新しい肌を再生させる方法です。レーザーピーリングは、レーザー光線を当てて、細胞内のコラーゲンなどを増やすことにより皮膚のターンオーバーを助ける方法です。

自宅でのケア

美容クリニックに通えない場合は、自宅でピーリングを行いましょう。美容クリニックでのケミカルピーリングに比べると、家庭用のピーリングジゲルは、刺激が弱く、スクラブに酸性度の弱いフルーツ酸を合わせたものになります。古い角質を落として、肌のターンオーバーを促進してくれます。これは週に1度くらいのペースで行ってください。あまりやりすぎると、逆効果になります。それ以外の日は、黒ずみ専用の化粧品か、美白化粧品を利用するのが効果的です。美白化粧品は、フェイス用の物でも結構ですが、 ボディー用のものも販売されているので、肌に合わせて使用しましょう。