できるだけすぐに日焼け後のヒリヒリを治す方法

日焼け後のヒリヒリは、生活に支障が出てしまうことが多いです。服を着替えるだけでヒリヒリしてしまうので、着替えることすら嫌になってしまいます。日焼け後のヒリヒリを起こさないためには、日焼け止めクリームが重要です。通常の生活をする上では、日焼けをしないためには日傘を使用することができたり、長袖を着用することができます。しかし、海に行ったりプールに行ったりすると、パラソルを使用することはできますが日傘を使用したり長袖は着用することができません。そのための日焼け止めクリームなのですが、日焼け止めクリームの効果にも限界があります。日焼け後のヒリヒリが発生してしまって、早く治したいときは適切な処置が必要になります。まずは、日焼け後にヒリヒリしてしまったところを冷やすことが大切です。単純なことですが、冷やすことによって患部の痛みを和らげることができます。冷やすときには、水を使用しても保冷剤を使用しても大丈夫です。ヒリヒリする個所で多いのは肩や背中や腕ですので、痛むところを重点的に冷やしましょう。その次に大切なのが、水分をとることです。日焼けをしたときは、身体が熱くなってしまいますので水分が必要になります。水分を飲むことも大切なのですが、ヒリヒリしている患部に水をかけることも大切です。氷などで冷やした水にしておけば、水分補給と同時に患部を冷やすこともできます。十分に患部を冷やした後は、保湿しましょう。保湿をすることによって、患部に潤いが保たれて早くヒリヒリを治すことができます。保湿するときは、基本的には化粧水を使用すると良いでしょう。化粧水は、水分補給も同時に行うことができますし、保湿効果も高いです。化粧水がないときは、保湿クリームを使用しても大丈夫です。患部が熱を持っていると、お肌が乾きやすくなっていることが多いので、最初に化粧水をつけてからまた患部が熱くなったときは、また化粧水などをつけましょう。