日焼け後の髪のケア方法

日焼けしてしまったのは肌だけでなく、髪も紫外線を受けてかなりのダメージを受けてしまいます。
髪の中の水分が全部飛んでしまい、干し草のようなバサバサの髪になってしまった時のダメージを改善した方法をお教えします。

干し草のような髪

髪を洗って乾かすとバサバサで、いくらトリートメントをしても髪の内部までダメージを受けてしまい栄養も入っていかなくなって、水分は全部飛んで行き髪の色まで変わってくるくらいどうしようもなくなって、触ると干し草のようなさわり心地の髪になってしまった場合。
染めていると、特に毛先が金髪っぽくなってしまってアイロンもすぐにのいてしまう・・・。
ここまで痛みが来るとこれは1日では治りません。
触ったら手触りが悪いし、色も変わってしかもセットしても全然思い通りにならず毎日髪だけじゃなく自分までダメージを受けていく感じでもう切るしかないのかな・・・って干し草のような髪でもケアの仕方で大分治るんですよ!

日焼け後の髪のダメージケアのやり方

まず、ダメージケア用のシャンプーに変えて洗浄力を落とします。
洗浄力を落として弱い洗浄で洗う事で、髪の栄養が逃げていくのを防ぎます。
そしてトリートメントはシャンプーの後にしっかりとタオルドライしてから毛先を中心にたっぷり塗ります。
そしてそのタオルドライしたタオルでそのまま髪を包みます。
それから顔や体を洗って、最後にトリートメントを流し、その上にコンディショナーをします。
そしてオイル系の洗い流さないトリートメントをつけて、くしでとかします。
くしでとかす事によってオイルが全体に行き渡ります。
そして温風・冷風を繰り返しながらドライヤーで乾かします。
この時に80パーセント位乾かす事がポイントです。
そしてもう日焼けしないようにしっかりと外に出る時には帽子などで隠しましょう。
これを1週間も続けると大分治ります。
どうしてもダメな場合は美容院に行ってトリートメントをすると、栄養がグングン入っていきますよ。
まずはオイル系の洗い流さないトリートメントを使う事です。