ほうれい線を消す方法

ほうれい線って30歳を過ぎると出てくる、一気に第一印象を変えてしまう、そしてとても嫌なフケ顔を作ってしまう女性の大敵ですよね。
ほうれい線を消すポイントと方法をまとめておきますので参考にしてみて下さい。

なぜほうれい線が出来るのかを理解する

ほうれい線は加齢で出来ます。
ですがその加齢でほうれい線が出来る原因は、肌の老化で特に栄養が不足し乾燥を呼び、その乾燥が深いほうれい線を作ってしまう事を覚えておきましょう。
そうすると、それまでのスキンケアの選び方も変わってくると思います。
特に肌のセラミドを守り、肌の水分を保持する事でこれ以上ほうれい線が深くなるのを防げます。
保湿効果の高い成分が入ったスキンケア(セラミド・ヒアルロン酸等)を選びしっかりとその水分を逃がさないように蓋をする乳液、クリームをお勧めします。

出来てしまったほうれい線には

ほうれい線が出来る年齢というと、若い頃のように大きく笑わなかったり顔の筋肉を使わない生活が続いているのではないでしょうか?
顔の筋肉ももちろん使わなければたるんできます。
その筋肉を動かすだけで、ほうれい線がみるみる薄くなるのが「舌回し体操」です。
口を閉じたまま全ての歯の表面を舌でなぞっていくだけです。
奥歯もなので一通りすると結構だるくなってしまうのですが、それを右回り、左回りにとまわすだけです。
特にほうれい線の辺りは、舌の先でほうれい線にアイロンを充てるように押し付けましょう。
これを毎日続けるだけでほうれい線は薄くなります。

顔がむくんでいる人向けほうれい線ケア

水分が顔に溜まっていますので、かっさや親指の側面を使って小鼻と頬骨の間を押しましょう。
マッサージをする時に頬骨の周りを痛い位に押してもいいです。
むくんでいる人は、そこがかなーり痛いはずです。
このむくみが無くなれば、ほうれい線も薄くなります。

歩いている時にガラスに映った自分のほうれい線にびっくりする事がありませんか?
普段は目の前の肌ばかりに気を取られて、ほうれい線の事を忘れがちですが第一印象が変わりますので是非ほうれい線をケアしておきましょう。