事実婚と言う名の届け出について考えてみた

事実婚

最近、良く耳にする事実婚とは何なのか?
芸能人でも、萬田久子さんや藤崎奈々子さんが、事実婚だと言うのは有名な話だが…。
一般人でも通用するものなのだろうか?

私はいま同棲して8年になる彼氏がいます。
事実婚と言えば事実婚の様なもので、生活は彼の収入と僅かばかりの私の収入でやりくりしている。
婚姻届を出すか出さないかの違いだけで、夫婦みたいなものだ。
子供がいれば、考え方も変わるのだろうが…。

悩むのが、結婚していないと世帯主が2人になってしまい、健康保険の扶養に入れないと言う事。
夫(未届)の健康保険の扶養に入れば、私の保険料支払いが無くなるという安易な考えも無きにしもあらず。
しかし婚姻届を出すのは仕事上、手続きが面倒臭いと言うのが正直な所だ。
色々と調べて行くと、住民登録の続柄を”夫・妻(未届)”にするだけの簡単なものらしい。
見届と変更する事で、事実婚が認められるのだ。

”夫・妻(未届)”にすれば、婚姻届を出さずとも、健康保険の扶養には入れるのだ。
ただ、税制・相続などに関する事柄に関する法律は厳しく、事実婚では認められない。
その代わりに、社会保険制度は甘いのである。

夫婦別姓を望むカップルの中には、こうした手続きをしている人が多いと言う。
しかし、田舎の方の役所になると、事実婚の例があまりにも少なく、中々受理されないケースもあるようだ。
この場合、事実婚でも受理されると言う事実を役所連中に訴えると言う、労力が必要になる。
婚姻した方が早いのか…それとも、ここは粘るべきなのか悩む所ではあるが、私達は事実婚を受理してもらう方向で考えている。