まつ毛が伸びる美容液はどんな成分によって伸びる?

最近のまつ毛のメイクは単にマスカラを塗るだけではないまつ毛エクステや付けまつ毛の人気が高く、幅広い年齢で愛用者が増えているようです。
しかし、きちんと日ごろからのお手入れをしていないとまつ毛が抜けたり短く切れてしまうなどのトラブルも多く報告されているという事もあり、日常的にまつげ美容液を使っている女性も今は珍しくはありません。
またそれだけではなく、地まつ毛を綺麗に保ちたいと日ごろからまつ毛美容液でお手入れしている女性も増加傾向にあるのです。
まつ毛美容液はまつ毛を健やかに保つという効果だけではなくまつ毛を伸ばしす育成効果も高いのですが、どんな成分が入っているのか気になりますよね?
今や大人女子の必須アイテムと言っても過言ではないまつ毛美容液の秘密に迫ってみたいと思います

まつ毛を伸ばす効果のある成分

まつ毛美容液は塗る際に目の中に入る可能性がある事から、副作用などを心配して成分に不安を感じている人もいると思いますが、日本国内で販売されているまつ毛美容液は天然成分を配合して作られているので安心です。
まつ毛美容液に含まれているまつ毛を長く伸ばす成分は「オリゴペプチド20(IGF)」や「アセチルデカペプチド(FGF)」であり、髪の育毛剤にも含まれている成分でもある事からまつ毛を伸ばす効果があるというのには納得ですね。
これらの働きは、まつ毛を成長させて張りや潤いを生み出すというもの。
使い続けるうちに長くて綺麗なまつ毛を手に入れる事ができるのです。

まつ毛美容液の中には副作用があるものも

中には緑内障の治療薬の副作用としてまつ毛が伸びたり太くなったりした事から、それらの薬をまつ毛美容液として販売している物もあります。
成分中に含まれる「プロスタグランジン」の働きによる物ですが、成分表に「ビマトプロスト」「プロステノールアミド」の文字が入っていれば間違いなく含まれています。
特に劇的にまつ毛が増えると大人気の「ルミガン」は、重大な副作用としてかゆみやかぶれ、上瞼が薄くなって垂れ下がる、充血などの報告がなされているので使用する際は十分注意しなければなりません。
即効性や確実な効果を実感したい場合はとても効果的ですが、少しでも心配な場合は避けた方が良いでしょう。