できるだけすぐに寝違いを治す方法はある?

寝違えて首が痛くなれば多くの人は首や方を揉んでみたりする物ですが、これは間違った処置です。寝違いを治す方法とは、原因である部分に直接的に正しい処置を行うことです。間違っても揉んだり触ったりすれば炎症が発生してよりひどくなることもあるため注意しましょう。

寝違えてしまう原因とは?

寝ている時に首が痛くなるのは、その間にわきの内側を通っている腋窩神経というものが圧迫されるためです。そのため寝違いを治す方法にはいくつかの方法があります。原因が分かっていれば対処方法も自ずと見えるものですが、脇の下の筋肉を伸ばすことで血行をよくする方法がもっとも簡単でポピュラーな根本治療となります。リラックスして手をダラッと下げる、首の痛む方の腕を後ろにゆっくりと自然と止まるところまで持っていきます。おおよそ20秒ほどすれば、その状態から肘を曲げて前のほうに腕を持っていきます。その状態でさらに20秒ほど停止し、この作業を数セット繰り返せば神経が解放されて首が楽に動かせるようになうと思います。

痛みが酷いようなら和らげる

こちらコリをなくすことで寝違いを治す方法となります。まず首を垂直にして、もし首の右側が痛いようであれば右側のこめかみに指を当てて、頭と指で押しあうようにしましょう。互いに力を入れた状態で数秒間静止し、首の力をゆっくりと抜いていきます。これを数セット繰り返すことでコリをなくすことができるため、痛みがよっぽどひどいと感じる方は実践してみてください。

寝違いを防ぐには根本を見つめ直す

寝違いを治す方法にはいくつかの手段がありますが、その原因となる腋窩神経の圧迫さえなければ寝違え自体起こりません。まずは睡眠時の体勢から見つめ直し、しっかりと仰向けで寝るようにしましょう。そうすれば圧迫が起こることもありませんが、しかし無意識で寝返りをうってしまって結局いつも通りというパターンも考えられます。またクセになっていることもあるでしょう。そういた場合に上記の方法を実践してみれば、少しは楽に生活を送ることができると思います。