ニンニクの臭いをすぐ消す方法

ガーリックの効いたパスタや焼肉、餃子など、疲れた時に食べたいにんにくを使ったおいしいスタミナ料理はたくさんあります。また、ニンニクは、カレーやお肉、炒め物などの隠し味としても重宝されています。味だけではなく、風邪をひいたときのエネルギー源としても、疲労回復や滋養強壮の効果もあり、栄養価の高い食品の一つです。夜食べても翌日まで臭かったり、その効用とは逆に、臭いで倦厭されてしまうこともあるくらい、手ごわい臭いに悩まされますが、臭くならなかったら、もっと頻繁に食べたいと言う人も多いのではないでしょうか?

臭いの原因

ニンニクの臭いの原因は、ニンニクに含まれるアリシンという栄養素です。食べた直後も強い匂いがありますが、体内で消化され腸まで達するとさらに匂いを発し、血液をとって再び口に戻り口が臭くなります。

食前・食後の対策

ニンニクを食べる前にあらかじめ臭いを抑えてくれる食べ物や飲み物を摂取しておくと、匂いが抑えられます。にんにく料理を食べる前に、アリシンを抑制させてあげるために、牛乳を1杯、またはりんごを4分の一食べておいてください。

胃の中から出てくる匂いは、手ごわいです。

ニンニクを食べた後は対処法としては、水分をたくさん取って、汗と尿として、排出してしまうのも一つの方法です。半身浴やサウナなので汗をかくと良いでしょう。
食後の対策としては、りんごを食べるとかなり効果が期待できます。ジュースではなく、4分の一くらいでもいいので生で食べるのが一番効果的です。りんごに含まれている酵素とポリフェノールが、ニンニクの臭いを抑えてくれます。とはいっても、外食の後などは、なかなかりんごを食べるのはむずかいいものです。もっと手軽に臭いを消してくれるものは、緑茶やワインなどポリフェノールが含まれている飲み物を摂取してください。食後は、アリシンが体内で分解される前に、早めに対策を取る事が必要です。

口の中に残った臭いは、ブレスケア商品で対処することを忘れないでください。